前へ
次へ

Iphone修理でタッチパネルと液晶の違い

最近のパソコンには2つの種類があります。
一つはタッチパネルで操作ができるタイプです。
もう一つはタッチパネル操作ができません。
OSとしては最新版ではタッチ操作に対応しています。
でも機械部分が対応していないと使うことは出来ません。
一見同じようですが少し構造が異なるようです。
どちらも液晶はあります。
そしてその上にタッチパネルの部分があるようです。
それを指で触ったときに認識をしてくれます。
スマートフォンはキーがほとんどありませんからタッチパネルで操作するのが基本になります。
故障をした時にはIphone修理をしないといけませんがこの時に画面が割れていることがあります。
状態によって異なりますが、タッチパネル部分のみに問題が生じているときと液晶部分にまで影響があることがあります。
Iphone修理でタッチパネルの部分のみだと修理後はそれ以前とほとんど使い勝手は変わりません。
液晶部分まで問題が行っていると表示部分に問題が残ることがあります。
タッチパネル部分のトラブルが液晶に伝達することもあるので、早めに修理をした方がよさそうです。

Page Top